アラサー女子プログラマの海外移住ログ

2018年秋からロンドンの大学院のIT系のコースで勉強中。大学院卒業後はイギリスでプログラマとして働きたい。

ハリーポッターファンなら行って損はないおすすめロンドン市内の観光スポット

イギリスと言えば、「ハリーポッター」を連想される方も多いかと思いますが、実際にハリーポッターの映画シリーズの撮影がイギリスで行われていたこのもあって、ハリーポッターに関するスポットがあっちこっちにたくさんあります。

 

全部を紹介するのは無理なので、今日はロンドンに来たらぜひ行って損はない、私が特にお勧めしたいハリーポッタースポットをいくつか紹介したいと思います。

 

キングスクロス駅

f:id:worldwidebear:20180712213449j:plain

場所

Euston Road, London, Greater London N1 9AL, UK

地下鉄のKing's Cross St. Pancras駅から徒歩1分ぐらい

見所

キングスクロス駅(King's Cross Station)は、ハリーポッターファンなら説明不要で知られている有名な場所の一つだと思いますが、ここでは9と4分の3番線のサインが貼られた写真スポットで記念写真を撮ることができます。

ちなみに私が行った時は、20分ぐらい列に並ばなければいけませんでした。

 

そして、写真スポットには専属のカメラマンもいて、プロのカメラでも写真を撮ってくれます。各寮のマフラーや、魔法の杖の小道具も使わせてくれます。興味があれば、併設してるハリーポッター公式グッズのお店で写真を確認し、フレーム付きの写真を購入することが出来ます。

費用

 無料

 

セント・パンクラス駅

f:id:worldwidebear:20180712213513j:plain

場所

Euston Rd, Kings Cross, London N1C 4QP, UK

 キングスクロス駅の隣

見所

実は映画に出てくるキングスクロス駅は、実際の外観ではなくキングスクロスの隣にある、セント・パンクラス駅を使用しているんです。

実物を見たら、確かにセント・パンクラス駅の方が見覚えがありました。見惚れるぐらいデザインが美しいので、記念写真にもピッタリなスポットです。

費用

無料

 

オックスフォード・ストリートにあるPRIMARK

場所

14 – 28 Oxford Street & 3 Tottenham Court Road

London, W1D 1AU

Tottenham Court Road駅を出てすぐ

見所 

このブログでも度々ゴリ押ししている、激安で服からホームウェアまで買えるイギリスのしまむらPRIMARKですが、Oxford Street East店はダントツでハリーポッターグッズの品揃えが豊富で、店内のデコレーションがまさにハリーポッターファンの夢のようです。

 どんな雰囲気なのか気になる方は、PRIMARK公式のYoutube動画をぜひご覧ください。

 


PRIMARK | Harry Potter | Store Safari | Oxford Street East

 

もちろん、キングスクロスやハリーポッタースタジオで売ってる公式グッズよりは、若干安っぽい作りではあるけど、その分安く買えます。

また、公式ショップではどっちかというとコレクター用商品が多いのに対して、PRIMARKでは布団カバーやスリッパ、パジャマのような日用品をたくさん揃えていますので、お手軽にハリーポッターグッズを日常生活に取り入れられますので、個人的に本当におすすめです。

費用

ご自分の物欲次第です(笑)

 

 

 

「ハリーポッターと呪いの子」の舞台

場所

Shaftesbury Ave, Soho, London W1D 5AY, UK

Leicester Squareから徒歩で10分ぐらいで行けるパレスシアターにて上映

 

前述で紹介したPRIMARKがあるTottenham Court Road駅から、Charing Cross Roadを徒歩20分ぐらい南に下っていったところに位置してるので、劇場に行く前にお買い物も出来ます(^^)

見所

ハリーポッターシリーズの第8作としてJ・Kローリング氏が発表した「ハリーポッターと呪いの子」の舞台は、ホグワーツの戦いから17年後を設定したストーリーになっていて、ハリーの二番目の息子が主人公として話が展開されていきます。

 

ちなみにこの舞台の脚本が本として発売されていて、英語で行われる舞台を完全に理解できるか不安な方は、あらかじめ日本語版の本で予習しておくといいかもしれません。

私は英語版を読みましたが、それほど難しい表現は使われていないので、英語学習者でも理解しやすい内容になっています。

リーディングを上達させたい方は、ぜひ日本語版ではなく、英語版を読むことをお勧めします。

この舞台は2部作になっているので、その分チケットにかける費用も2倍になってしまいますが、映画のスクリーンでは体感できない生で見る様々な魔法の仕掛けや演出を堪能できるので、その価値はあると思います。私も留学したら、必ず見に行きたいと思ってます。

 

ちなみに2018年7月現在は、2019年4月まで予約ができるように、かなり先まで予約が出来ますので、好条件な席がなくならないうちに早めに予約をしておいた方がいいですよ。

公式サイトからでも予約出来るみたいです。

www.harrypottertheplay.com

費用

1部ごとのチケット料金が£15から£75までと、座席タイプによって様々です。2部まとめて購入する場合はこれの2倍かかります。

公式のチケット予約サイトのカレンダーを見ると、安いチケットから売り切れていくようなので、安くチケットを購入したい方はお早めに。

 

ハウス・オブ・ミナリマ(House of MinaLima)

場所

26 Greek Street, Soho, London, W1D 5DE

「ハリーポッターと呪いの子」の舞台が上映してるパレス・シアターのすぐ裏にあります

見所

まずMinaLimaとは、ハリーポッターシリーズの商品や、映画に出てくるポスターや商品のデザインをほとんど担当しているのがデザイナーMiraphora Minaと、Eduardo Limaの二人組のことです。

MinaLima公式サイト:https://store.minalima.com/

百味ビーンズのパッケージや、クイブラー雑誌、ウィーズリー・ウィザード・ウィーズの商品を知ってる方ならピンとくると思いますが、カラフルでポップな特徴を持つデザインは、ハリーポッターの映画シリーズにとっても、なくてはならない存在。

 

このHouse of MinaLimaというお店には、お二人の作品がたくさん展示されているだけではなく、色々なハリーポッター関連のデザイン商品も購入できます。日本では知らない方が多いようですが、ハリーポッターファンなら一度は訪れたい場所の一つとして、かなり有名です。

費用

見学は無料です 

 

おわりに

以上、私が特にお勧めしたいロンドンにあるハリーポッタースポットでしたが、行ってみたいと思った場所はいくつありましたか?

結構、場所が近いスポットも多いので、頑張れば一日だけで全部回る事も出来そうだなと思いました。ロンドンに旅行に来た際に、1日だけハリーポッターづくしなスケジュールを組んで見ても良いかもしれないですね。 

今度は、私が語学留学中に訪れたロンドンから日帰りで行けるハリーポッタースポットについても紹介できたらなと思います(^^)