アラサー女子プログラマの海外移住ログ

イギリスに語学留学したきっかけで海外移住に興味が沸き、5年の努力の末イギリスでプログラマとして就職する夢を叶いました。

イギリス移住二年目|一時帰国で日本から買ってきた意外な(?)もの達

年末年始、イギリスの大学院に留学し始めてから初めて日本に一時帰国しました。留学期間中に一度も帰国しなかったので、一年と3ヶ月ぶりに日本に帰りました。

 

利用した航空会社がJALだったのですが、大きいスーツケース2つまでお預かりができたので、イギリスに食品から、コスメ、文房具までたくさん買って帰りました! 

今日は主に特に買いたかったものと、その理由なども付けて紹介したいと思いますので、これから渡英する予定がある方や一時帰国される方などが参考にさればいいなと思います。

 

 

スーパーで買ったもの

f:id:worldwidebear:20200119031555j:image

ジャーン!

一番たくさん買い物をしたのはやっぱりスーパーでした。

ロンドンにあるジャパンセンターではかなり種類豊富な日本の調味料や食品が揃っているので、こんなにたくさん買う必要はありませんが、せっかくスーツケースにたくさんスペースがあるから、元を取るつもりで(?)スーツケース一杯につめてイギリスに戻りました。

 

中でも特にこれはイギリスにいた時からずっと買って帰りたいと思ったものたちをこれから紹介したいと思います。

 

ポケットティッシュ

「え、そんなものまで?」と一番思われそうなのが、ポケットティッシュだと思いますが、私は3パック(1パック20個入り)も買って帰ってきました。

 

イギリスのポケットティッシュは安くて、質もそんなに悪いわけではないけど、なぜかどれも3枚重ねになっていて、私にとってちょっと分厚すぎるので使いづらくてあまり好きじゃないです。

 

そして海外の縦長のポケットティッシュを使った事がある方ならわかると思いますが、一枚を取り出すと、結構しっかりめに畳まれているのを一度広げてから使わなきゃいけないのが面倒・・・。

横長の日本式ポケットティッシュを取り出す時はフワッと自然に広がりますよね?たぶん紙の厚さや畳み方の違いだと思うのですが、この違いわかる人いますか・・・?いたら嬉しいです(笑)

 

私は慢性鼻炎なので、年中ティッシュを使っているのですが、頻繁に使うものだからこそ細かく拘りたくなります。あと、スーツケースの中の隙間に入れれば幅もとらないし、クッション材がわりにもなります(^-^)

 

歯ブラシ

イギリスで売ってる大人用歯ブラシは想像通りにヘッドのサイズデカいです。東洋人に比べると口がでかいわけでもないのに、なんで欧米の歯ブラシってデカいんでしょうか。

私は日本にいた時からデンターシステマの歯ブラシの先端の細さが好きでずっと使っていたので、イギリスに来た時3本を全て消耗したので今回少し買い足ししました。

 

 

シチュー系のルー

添加物が不安であまりルーを使わずに作りたいのですが、普段仕事で疲れてる時や時間がない時はやっぱりルーの簡単さに頼ってしまいますね。

日本のカレールーはイギリスでは結構簡単に買えるので、今回はあまりこっちで見かけないシチューとクラムチャウダーのルーを一箱ずつ買ってきました。

賞味期限内に使い終わる自信がなかったので、多くは買いませんでした。

 

のど飴

今回久しぶりに帰国して改めて思ったのですが、日本って本当にたくさんの種類ののど飴やミントタブレットが売られていますね。

 

イギリスではガムはまぁまぁ種類あるけど、ミントタブレットやのど飴の味の選択肢はそんなにないです。特に日本ならではのゆず味や梅味はこっちでは珍しいので、何袋か買って帰ってきました。

 

正直イギリスってご存知の通り雨が多くて喉が痛くなる事そんなにないんですが、仕事中口が寂しい時用に食べようかなと思います♪

 

お茶パック

当たり前ですが、日本のスーパーで普通に売られている大きいペットボトルのお茶はイギリスにはありません。

冬はいつもイギリスの紅茶を飲むから問題はないけど、暑い時期になるとやっぱり冷たいお水でもなく、冷たいジュースでもなく、冷たいお茶を飲みたくなります。

なので、水出し可能な麦茶とコーン茶パックを買ってきました。

 

文房具屋さんで買ったもの

f:id:worldwidebear:20200119031546j:image

 

有難いことに、イギリスの文房具屋さんでもフリクションのような有名な日本のペンを気軽に手に入れられる時代になりました。

無印良品もイギリスに進出してますし、ネット通販なら尚更イギリスにいても色んな種類の日本の文房具を買えられると思いますが、実際に手にとって色んな文房具を物色して衝動買いをするのが今回一時帰国の一番の楽しみだったので、いろいろな細かい物を買ってきました。

 

上の写真の中で気になるものがあればお答えしますが、ただの文房具マニアな私の自己満のために購入したアイテムばかりなので、このカテゴリについては細かく紹介するのは端折らせていただきます。

 

 

 

 

 

コスメのストック

f:id:worldwidebear:20200119031540j:image

 

スーパーで買った食品・調味料よりも絶対に買って帰ってきたかったのが、いつも使い慣れてるスキンケア用品でした。

 

私はいずれイギリスにしばらく住んでいくのなら、こっちで手に入れられるスキンケアに徐々に乗り換えていこうと考えていますが、敏感肌なので肌荒れが怖くて新しい商品に挑戦するのを躊躇ってしまいます。

 

Boots(薬局)などではオーガニックで肌に良さそうな商品がたくさん売られているのですが、どれも良さそうだからこそ余計選ぶの面倒くさがってしまって、結局すでに安心して使っている日本のスキンケア用品のストックがあるなら、もうしばらくこのまま日本のを使い続けていこうかなと考えています。

 

では、私が特にイギリスに来てからもずっと拘り続けているスキンケアアイテムを紹介していきます。

 

フェイスマスク

イギリスでも気軽にフェイスマスクを買えますが、日本のより少々高いです。

例えば「Simple」というプチプラブランドのものでも、一枚£2(日本円の300円ぐらい)します。

 

重いので、毎回たくさんはイギリスに持って来れないけど、こまめにパックするのが好きな方は少しでも多く持って来ることをおすすめします。

 

 

ファンケルの無添加化粧水

私はこのファンケルの化粧水に出会うまではずっとコロコロ化粧水を変えていました。安いものも高いものも、色んなメーカーのものを試してきましたが、一番トラブルが起きないこの化粧水にやっと落ち着きました。

 

海外(少なくともアメリカとイギリス)でコスメを買うと、パッケージには必ず開封してからの使用期限の表示があるのですが、日本にはまだ使用期限がはっきり表示されている化粧品がありません。

 

使用期限がないとどんな防腐剤を入れられているのか不安になり、防腐剤を直接肌に塗るのも嫌なのですが、ファンケルのものはちゃんと製造日と開封後の使用期限がはっきりと表示されていて安心です。

 

本当の意味での無添加だから使っていて特に肌のトラブルを起こさないんだろうなと思いました。

 

もう一つファンケルの化粧水が好きな理由は、パッケージが小さいので旅行の時に小さいボトルに移し替える手間もなく、そのままポーチに入れて旅行に持って行けるのがめちゃくちゃ嬉しいです。

 

前回イギリスにきた時は、通販で韓国コスメを買えるから、イニスフリーの無添加化粧水を買えば良いやと思って、ファンケルの化粧水は2つしか持ってきませんでしたが、結局イニスフリーの化粧水が肌に合わなくて、今回はストックが切れないように9つも買って帰ってきました。

 

 

キュレルの敏感肌用乳液

キュレルのコスメのパッケージのデザインがダサくてあんまり好きじゃないんですが、敏感肌+混合肌な私に合う乳液は試してきた中で、この乳液だけは乾燥がひどい時期でも顔がつっぱる感じしませんでした。

 

サラサラしたテクスチャなので、夏に油っぽくなるTゾーンも必要以上にべたべたにならずに済んで、塗ってしばらく経ってもちゃんと肌に水分が残ってるってのが素人の私でも感じるほど保湿されます。

 

私の使う量だと半年に1本使い終わるので、今回は2本買って帰ってきました。

 

 

水蒸気アイマスク

これは海外在住の女性の中でも人気が高いアイテムじゃないでしょうか?イギリスでは本当にどこにも売っていません。(ジェルを冷やしてつけるアイマスクのようなものはありますが)

 

私は仕事で一日中ずっとパソコンの画面と睨めっこしているので、目が疲れてるな〜と感じる日は寝る前にこれをつけて寝ています。

香りもいろいろあって、その日の気分に合わせて選べるのも嬉しいですね(^-^)

 

あと前の記事「飛行機恐怖症の私が伝えたい留学先までの長時間フライトがちょっと楽になる克服ワザ 」にも書いたことありますが、飛行機に長時間乗る時も絶対にこの水蒸気アイマスクを持ってってます。

 

 

ファンケルの洗顔パウダー

そもそも朝シャンがスタンダードなイギリスでは、日本みたいに夜にメイクをクレンジングで落としてからW洗顔をする習慣がなく、私の周りでは夜寝る前は拭き取り式のクレンジング製品でさっとメイクを落としてから保湿クリームなどを付けて寝るだけの人が多いみたいです。

 

日本みたいに「なるべく肌に触れないようにたっぷりな泡で洗顔」とか、「化粧水で肌に水分を含めてから→乳液やクリームで蓋をする」みたいな常識もなく、そのせいなのか、泡洗顔用の商品をほぼ見かけません。

 

そもそも水質や環境が違うし、スキンケア習慣をイギリス式にシフトする方が肌に良いのかな?と思う時もあるけど、イギリスに来てからずっと一年以上泡洗顔をしてきても、何も肌に異常が起きなかったからとりあえずこれからもしばらく泡洗顔を続けてみようと思いました。

 

私のお気に入りの洗顔剤はまたもやファンケルのものになるのですが、このファンケルの洗顔パウダーはモコモコな泡が立って、洗い上がりほっぺがしっとりします。あといつの間にくすみもなくなって肌の透明感が上がったような気がします。

 

前述で紹介したファンケルの化粧水と同じ時期に使い始めてからずっと愛用してて、同じファンケルから出てるクリームタイプの洗顔剤も試したことがあるけど、特にパウダータイプとの違いを感じなかったし、日本から遥々お預かり荷物として持ってくるならクリームタイプよりずっと軽いパウダーの方がいいのでパウダータイプのに落ち着きました。

 

あとLCCで手荷物だけで飛行機に乗る時は、なるべくたくさん液体を持ちたくないから、パウダー状の洗顔剤は液体じゃないからいちいち検査の時に取り出す必要がなくて地味に有難い(*^^*)

 

 

オーガンジーの洗顔ネット

泡洗顔に欠かせないのが洗顔ネットなのですが、これも泡洗顔の習慣がないイギリスでは全く見かけませんので、二つイギリスに持って帰ってきました。

 

私は長年の経験から、オーガンジータイプの洗顔ネットが一番泡立ちが早くて、泡もめちゃくちゃ濃厚になると気付きました。

 

普通の編み編みのやつは、中にボールが入ってるタイプのものとかも使ってみたことああるけど、やっぱり泡立つまで時間の短さはオーガンジーのものにはかないません。

まじで、オーガンジーおすすめです。

 

 

 

 

100均の便利なツール

f:id:worldwidebear:20200119031551j:image

 

知ってはいたけど、改めて日本の100円ショップの100歩先まで考えたようなアイディア商品の素晴らしさに感動しますね〜。

 

日本にいた時も100均にパトロールしに行くのが好きでしたが、イギリスに来て彼と自分たちだけで家のことをやらなきゃいいけなくなったから、「千切りスライサー」や「何度でも貼ってはがせる歯ブラシホルダー」のようなものにトキメクようになりました(笑) 

 

こっちでもキッチンツールやお風呂の壁に貼る系の物はそれなりに手に入れられますが、110円ぐらいでしかもそこそこ品質もいいものは正直なかなか見つけられません。

イギリスに帰ってすぐに便利アイテムたちを家の壁に貼って使い始めましたが、生活が1レベルUPしたような気分です♪

 

正直、100均のアイディア商品ってなくても普通に生活できるけど、あったらあったでその便利さに感動しますね。次一時帰国したらスーツケースの半分をダイソーとセリアのものでいっぱいにしたいです(笑)

 

おわりに

いつも人が買ったものを見るのが好きなので、自己満としてこの記事を書きました。

私と同じように他人が買ったものを見るのが好きな人がいるか分かりませんが、もしこういう買い物の内容を紹介する記事をもっと読みたかったら是非教えてください(*^^*)

 

はぁ、一時帰国楽しかった。