アラサー女子プログラマの海外移住ログ

2018年秋からロンドンの大学院のIT系のコースで勉強中。大学院卒業後はイギリスでプログラマとして働きたい。

イギリスを含めヨーロッパ周遊旅行でも使えるThreeのSIMカード

 

イギリスに到着して次の日にThreeというキャリアの店頭でSIMカードを購入し、1ヶ月間使ってみました。

 

今日はThreeのSIMカードを1ヶ月間使用した感想を含め、ヨーロッパ旅行をされる方にこのThreeのSIMカードをお勧めしたい理由を書いていきますので、ぜひ最後まで読んでいただき、参考にしてもらえると嬉しいです。

 

f:id:worldwidebear:20181111231542j:plain

 

 

ThreeのSIMカードを1ヶ月間使用して

私が買ったのは「Pay As You Go with 3000 minutes + 3000 texts + 5GB data (Lasts up to 30 days)」という名前のSIMカードになります。

 

「Pay As You Go」はつまりプリペイドです。

簡単に言えば私が購入したこのSIMカードは、5GB分のプリペイドタイプのSIMカードで、通話は3000分(50時間)までと、SMSは3000通まで出来ます。

 

通話50時間分も、SMS3000通もなかなか使い切れる量じゃないと思うので、逆にもしデータが足りなさそうなら、LINEとかWhatAppのようなアプリでメッセージするよりも、最初からある携帯付属のメッセージアプリを使ったり、LINE電話よりも普通の電話機能を使った方が良いという事になりますね。

 

私の場合は大学では専用のWiFiがあるし、家にもWiFiがあるので、移動中は音楽やポッドキャストをずっと聞いていますが、1ヶ月間で5GBどころか3GBしか使いませんでした。

 

日本にいた時に使っていたLINEモバイルのSIMカードとの違いを特に感じることなく、普通に快適でした。

 

 

 

旅行者におすすめの理由

一つのSIMカードで48カ国で使える

イギリスを含め、イタリア、フランス、ドイツ、スペインなどほとんどのヨーロッパの国で使えるので本当に便利です。

ポケットWiFiは無駄に高いし、使用後の返却面倒だし、電池がすぐなくなるので、もしSIMフリー版の携帯をお持ちならむしろSIMカードを使わない理由はないんじゃないかな。

 

SIMカードを一度入れたら国が変わっても入れ替える必要がない分、別の国に到着してすぐにネットで宿泊先までのルートを調べたりできるの便利ですよね。

 

店頭で購入したらすぐ使える

もしイギリスに来てから買う場合、店頭に行けばすぐその場で設置してもらえて、ほんの少し待てばすぐネットに繋がります。

さらに何も契約が必要ないので、パスポートやIDの提出もありません。

本当に気軽に買えます。

 

支払いも現金でも、日本のクレジットカード(私が使ったのはエポスカード )でもOK。

 

ちなみにプリペイドじゃなく、月契約のSIMカードが良い場合はイギリスの銀行口座が必要です。

なので、私のように留学でイギリスに長期滞在する方は、イギリスで銀行口座ができるまでの期間はどうしてもプリペイドのSIMが必要になります。

 

自分の英語力が不安でも出発前から買える

もしイギリスで買う時に英語でうまく言えなかったら・・・と不安でしたら、日本から出発前にあらかじめ購入することもできるみたいです。

 

私もイギリスに到着してすぐにSIMカードを使いたかったのですが、日本からでも買えるの知りませんでした。

来年日本から友達がイギリスに遊びに来る予定なので、空港にお迎えに行く時にお互いに連絡がつくように、あらかじめ友達にThreeのSIMカードを用意してもらうようにお願いしようと思っています。

 

購入方法

購入方法によって買えるSIMカードのプランも異なるのでご注意ください。

では、実際どうやって購入するのでしょうか。まずは店頭での購入方法を説明します。

イギリスの店頭で購入する

街にあるThreeの店頭で「1ヶ月間のPay As You GoのSIMカードが欲しい」と言えば、「いくらぐらいのデータが欲しい?」と聞かれたり、店頭に置いてない場合は奥から実物を出してくれると思います。

 

例文:

I would like to get a Pay As You Go SIM card with 5GB for 30 days.

30日間で5GBの(Pay As You GoのSIMカードを買いたいです)

 

Threeの1ヶ月間(30日)分のプリペイドSIMカードは1GBから無制限まで選べられます。上記の通り、私は5GBのやつを選びました。£15(現在のレートだと2200円ぐらい)でした。

 

f:id:worldwidebear:20181112000645p:plain

(画像を拝借:https://www.three.co.uk/Store/SIM/Pay_As_You_Go 

2週間ぐらいの旅行でしたら5GBで十分だと思います。万が一データが足りなければネットでチャージすることもできます。

チャージの仕方ですが、イギリスのクレジットカードをお持ちじゃない方のために丁寧に説明している記事を見つけましたので、よかったら参考して下さい。

etravel.ciao.jp

 

日本から購入する

日本からだったらAmazon Japanから買えるようです。しかも日本語の説明書付き。

現地に着いたらすぐにネットに繋がるように、飛行機の中や、成田空港でSIMカード入れ替えておきたい方におすすめしたい購入方法です。

何種類もあるようですが、基本的にデータ量と日数、通話あり・なしに違いがあるだけで、あとはそんなに変わらないと思います。

 

それでは通信のみSIM、通話付きSIMの順に紹介していきます。

 

データ通信のみ(電話機能、SMSなし)

データ:1GB

期間:30日間有効

価格:¥1,060

 

データ:3GB

期間:90日間有効

価格:¥1,930

 

データ:12GB

期間:360日間有効

価格:¥4,900

 

通話付きSIM(3000分間)

データ:5GB

期間:30日間有効

価格:¥1,980

 

データ:12GB

期間:30日間有効

価格:¥2,230

 

ネットで購入

すでにイギリスに住んでいる方、英語でも全然OK、じっくり選びたいという方は、Threeのオンラインサイトにて購入が出来ます。 

今日オーダーすれば、明後日ぐらいにはファーストクラスのロイヤルメールで届くはずです。

https://www.three.co.uk/Store/SIM/Pay_As_You_Go

f:id:worldwidebear:20181112021029p:plain

 

おわりに

以上、旅行者にとってすごく便利なThreeのSIMカードについて 紹介させていただきました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^-^)

 

 

これからイギリスに留学される方にとって役立つかもしれない記事: