アラサー女子プログラマの海外移住ログ

2018年秋からロンドンの大学院のIT系のコースで勉強中。大学院卒業後はイギリスでプログラマとして働きたい。

私の海外送金以外で留学先のイギリスにお金を持って行く方法

f:id:worldwidebear:20180816223352j:plain

留学生活にあたって、何よりも大事なのはお金ですが、皆さんはどのようにして日本の口座に入っているお金を海外に持っていっていますか?

 

パッと思いつく方法は:

(1)現地で口座を作って日本から海外送金する

(2)海外ATMから直接少しずつ下ろして使う

と、大きく分けてこの2パターンになると思いますが、私は海外送金に対してあまりにも面倒な話ばかり聞くので、(2)の方法でお金を持って行こうかなと考えています。

 

今日は、私が選んだ留学先にお金を持っていく方法について書いていきますので、私のように、

「海外送金って大変そう・・・」

「海外送金って手数料たくさん取られそう」と思っている方、一つの方法として参考にしていただければと思います。

 

前回、語学留学したときに行った方法

語学留学したときは、ほぼ親に留学資金を支援してもらったため、父のクレジットカードの家族カードを留学先に持っていきました。

さらに現金を現地で下ろすために、海外ATMから出金ができる新生銀行のキャッシュカードを出発前に作り、生活費を新生銀行に入れてもらいました。

 

4年前とはいえ、すでにイギリスは日本よりもキャッシュレス化が進み始め、普段は高めな買い物はクレジットカードで支払い、小さい買い物は現金で支払いました。

しかし留学中、学校の友達とご飯を食べたり、飲みにいくときは割り勘なので、一人ずつクレジットカード会計するわけにもいかないから、現金は常にある程度必要でした。

 

海外で現金をいっぱい持っているのは非常に危険なのという常識は、もはや誰もが知っていると思いますが、私は新生銀行から必要な分だけ100ポンド単位で下ろしていました。

 

 

今回出発前に行った準備

ソニー銀行(Visaデビット機能付きのキャッシュカード)に申し込んだ

今回は、新たにソニー銀行で口座を開設しました。

その原因は知っている方も多いと思いますが、ずっと海外ATMから出金が可能だった新生銀行が、今年の12月8日まで海外から出金できなくなると知ったからです。

詳しくはこちらでご確認ください:

www.shinseibank.com

 

ネットでいろいろ調べた結果、海外ATMから出金もできて、デビットカードとしても使えるソニー銀行の「Sony Bank WALLET」というカードが海外で使うにはピッタリだと感じたので、これに申し込みました。

 

日本国内で使う分にも、セブン銀行を始め、24時間手数料無料で使えるATMもたくさんあるのでおすすめです!

私はこれを現地でお金を下ろす為に持っていきますが、デビットカード機能もきっとたくさん利用すると思います。

 

エポスカード(クレジットカード)に申し込んだ

これはもっと前に海外旅行のために申し込みましたが、年会費無料で旅行傷害補償付きは本当にありがたいです。

 

しかも海外ATMって、たまに自分が持ってるキャッシュカードで出金できない時があって、バックアップとして【エポスカード】 を持っていると、いざの時は現地のお金をキャッシングできるので便利です。

 

しかもエポスって、海外でキャッシングしても通常1.6~2.0%かかる事務手数料がないので、海外ATM利用手数料(1万円以下:108円/件 1万円超:216円/件)だけしかかからないので、日本円を両替するより安いんですよね。

特に空港で両替するときの手数料はバカ高いので、本当に勿体無い。

 

ちなみに、ソニー銀行のキャッシュカードでも海外ATMから出金する場合は、1.76%の事務手数料216円の海外ATM利用手数料がかかるので、エポスでキャッシングした方が安いです。

 

ソニーのキャッシュカードで出金した場合と、エポスでキャッシングする場合の手数料を比較: 

 

ソニー銀行のキャッシュカードで出金

エポスカードでキャッシング

事務手数料

1.76%

なし

海外ATM利用料

216

1万円以下:108

1万円超:216

※この他に、現地のATM利用料が追加されることもあります。

 

キャッシングすることに抵抗感がある方でも、キャッシュカードがスキミング被害にあったり、海外のATMでお金を下ろせない場合のバックアップとして持っておくと安心しますので、本当に作っておいて損はないと思います。

 

日本の口座に入ってるお金をイギリスで使う方法

私はスキミング被害にあった経験から、海外ATMから下ろせる口座には大きい額は入れないようにすることにしました。

スキミング被害について書いた記事はこちら:

www.worldwidebear.net

 

なので、まとまった留学資金は日本の銀行の口座(A口座)に入れておきつつ、海外から出金できる口座(B口座)に少しずつ移すようにしようと思っています。

 

イギリスから日本の銀行のネットバンキングが使えるなら、自分でA口座からB口座に振り込む作業をやりますが、イギリスから使えなかったら親にやってもらうようにA口座の通帳を預けていきます。

 

何度も振り込む作業が発生するので一見とても面倒ですが、スキミング被害にあったトラウマがある為、必要以上に海外から出金できる口座には注意しようと決めました。

 

私がイギリスで滞在するTier4ビザは毎週20時間まで労働が可能なのですが、おそらくそのうちアルバイトもし始めると思います。

その際は給料はイギリスで作った銀行口座に振り込んでもらうことになると思いますが、イギリスで口座開設するには大学に発行してもらう書類が必要なので、実際にイギリスに行ったらまたその過程を紹介できればと思います(^^)

 

まとめ

・現金で支払う時は:ソニー銀行のキャッシュカードで現金を下ろして使う

・キャッシュレスで支払う時は:エポスのクレジットカードや、ソニー銀行のデビット機能を使う

 

ソニー銀行の残高がなくなったらその都度お金のやりくりが必要になるので、一括で完了する海外送金よりは面倒かもしれませんが、海外送金の手数料や面倒さを避けたい方なら、これが一番良い方法かなと思います。

皆さんはどのようにしてお金を持っていきますか?(^-^)

 

準備関連として、イギリス大学院留学準備について詳しく書いたこちらの記事もよかったらご参考下さい: 

www.worldwidebear.net