アラサー女子プログラマの海外移住ログ

2018年秋からロンドンの大学院のIT系のコースで勉強中。大学院卒業後はイギリスでプログラマとして働きたい。

イギリス大学院留学して3ヶ月経ったので出費の内訳や出来事を報告します

大学の授業は12月の最初の週が今学期最後になるので、中間テストの後にひと息つく暇もなくあっという間に期末テスト&コースワーク第二段の準備を始めなきゃいけませんでした。

なので、3ヶ月目は勉強が忙しくてあまり遠出はしませんでしたが、初めてイギリスの就活イベントに行ったり、映画を観に行ったりとそれなりに充実しました。

 

さて今日は、今までの報告記事シリーズと同じように、イギリスで大学院留学生としての11月1ヶ月間の生活状況や、出費の詳細について書いていきますので、よかったら最後まで読んで下さい。

 

イギリス大学院留学1ヶ月目の報告はこちら

イギリス大学院留学2ヶ月目の報告はこちら

 

 

出来事

では早速、この1ヶ月間どんなことをしていたかについて書いていきます。

アジア系スーパーの有難さを再び知る

アジア系のスーパーで日本食を作るためのあらゆる調味料や材料が豊富に揃っていて、本当に有難いです。

f:id:worldwidebear:20181222012239j:image

この日はカレールーとうどんを買って、カレーうどんを作りました。

ブライトンに留学した時も街にはアジア系スーパーがいくつもあって、日本食の材料を始め、韓国や中国の食材、お菓子、インスタントラーメンも豊富に置いてあったので、たくさん食べ比べしました。

 

今回9月にイギリスに来てからはタイカレーやインドカレーしか食べていなかったので、久しぶりに食べた日本独自のカレーはとても懐かしい味がしました。

 f:id:worldwidebear:20181222005837j:image

豚肉の代わりに肉厚なベーコンを入れましたが、違和感なくとても美味しかったです♪あえて長時間煮込んだので、とろっとろなスープになりました。日本料理があんまり好きじゃない彼氏の母親もこのカレーうどんは美味しいと言ってくれました。

 

イギリスに来たらNando'sを食べて欲しい

Nando'sは南アフリカ発祥のチェーンレストランで、ペリペリソース(ピリ辛なソース)を使ったチキン料理が特に有名で、イギリスではマックやケンタッキーぐらい結構色んなところで見かけるほどイギリス人に馴染み深いカジュアルレストランです。

この日は今回イギリスに来てから2回目のNando'sでした。

 f:id:worldwidebear:20181222005843j:image

私が頼んだのはチキンラップ(アボカド追加)でサイドメニューはチップス(イギリス英語でポテトフライの意味)にしました。

彼氏が頼んだ1/4グリルチキンも、サイドメニューのライスも、チキンウィングもシェアしてもらったけど、どれも丁度いい辛さでとても美味しかった。

  

ファンタスティック・ビーストの新作

ハリポタの本も映画も、その世界観も大好きな私ですが、もうシリーズ映画の公開が全て終わってしまったハリポタシリーズの余韻を唯一味わえられる映画「ファンタスティックビースト」のシリーズも当然のこと大好きです。

その最新作の予告を何度も見返してずっと楽しみにしてきましたが、やっと最新作が公開され、しかもハリポタ誕生の国イギリスで観ることが出来たのが本当に嬉しかった。

 

感想を細かく記事に書きましたので、まだ読んでいない方はよかったらどうぞ:

www.worldwidebear.net

 

 

 

イギリス伝統料理:サンデーロースト 

10月のイギリス留学の生活報告の記事では彼氏がサンデーローストを作ってくれた話を書きましたが、今回は彼氏のファミリー(彼、彼ママ、妹さん)と一緒にランチにサンデーローストの専門レストランに行きました。

 

私達が行ったこのレストランはビュッフェ式で、お肉はチキン・ポーク・ビーフから選べられて、試しに「Everything please」と言ったら全種類をお皿に盛ってもらえました(笑)

さらに色々な温野菜を自分で好きなだけ取って、仕上げはグレイビーソースを上からたっぷりかけるのです。

とてもシンプルな味ですが、食べるたびにより美味しく感じるようになりました。

 

そういえばサンデーローストは日曜日に家族揃って食べる伝統料理ですが、クリスマスの日もこういうローストディナーを食べるらしいので、おそらく来月の留学生活報告にもこの写真とそっくりな写真がまた見れると思いますのでお楽しみに(笑)

 

f:id:worldwidebear:20181222012302j:image

 

イギリスで初めて就活イベントに参加

エスニック系のレストランやエッジーな服屋さんがたくさんあるおしゃれなブリック・レーンの地域にあるイベント会場で行われた「Silicon Milkroundabout」というIT系の就職イベントに行きました。

 

www.siliconmilkroundabout.com

 

会場にはアーケードゲーム、無料クラフトビール、無料カフェなどがあって、日本で今まで参加したリクルートスーツを着たロボットばかりのガッチガチな就活イベントと雰囲気が180度違いました。

 

f:id:worldwidebear:20181222005856j:image

↑イベント会場の外にあった素敵なアート。

近々この就活イベントについて詳しく記事に書きますので、よかったら読んでください。

 

イギリスの冬は本当に暗い

緯度が北海道よりも高いイギリスなので、冬の間は日が暮れるのも早いし、日の出も遅いです。

f:id:worldwidebear:20181222005829j:image

この写真は朝の7時半ごろに撮りましたが、iPhoneのカメラが若干明るくしてくれているので実際はもっと暗いです。

私は大学の授業が9時から始まる日は6時半起きで、このごろ朝6時半はまだ外が真っ暗なので、本当に起きるのが辛いです。

 

そして暗いだけじゃなく、雨が降ることも多くなりました。

降ったり止んだりするので降水量的には日本より少ないけど、しょっちゅう降ってくるため地面がよく濡れています。

この時期にもしクリスマスというみんなが一番楽しみにしているイベントがなかったら、鬱病になる人が大量に出てくるんじゃないかってぐらい暗くて湿っている冬です。

 

もう洗濯物は部屋干ししか選択肢がないです。ヒーターをつけてると、あっという間に乾いてくれるから良いんですが、たまにはお日様の香りがする洗濯物を嗅ぎたいです(笑)

  

クリスマスの飾りがあちらこちらに現れ始めた

彼の母親と同居しているお家のツリーを彼ママと一緒に飾り付けました。シルバーとクリアなオーナメントばかりの白系のツリーです。

f:id:worldwidebear:20181222025746j:image

ちなみにツリーに飾るオーナメントはBauble(s)と言います。

イギリスで売ってるオーナメントはさすが本場のクリスマスだけあって、本当に種類がいっぱいです。

f:id:worldwidebear:20181222025437j:image

今度イギリスのクリスマスをテーマにした記事を書く時にまたたくさん写真を載せますが、気になる方は「The Range」というイギリスのホームデコ屋さんのウェブサイトをどうぞ参考にしてみて下さい。

 

The Rangeのクリスマスツリーのオーナメントのページ:

https://www.therange.co.uk/christmas/christmas-trees/tree-decorations/baubles-and-hanging-decorations/#sort=relevance&page=1&lpp=24

 

スーパーでは12月からクリスマスまでカウントダウンできるチョコレートのアドベントカレンダーや、ギフト用のチョコレート商品が並び始めました。

 

日本でもよく見かけるフェレロ・ロシェのチョコレートは、巨大バージョンが売られていました。写真をよく見ると、割ったら中から普通サイズのが出てくるようですね。

フェレロ・ロシェ大好きなので、ちょっとネタとしても買ってみたいです。

f:id:worldwidebear:20181222025428j:image

 

このハートのネックレス付きのクマさんのチョコは、近年日本でもよく見かけるようになったリンツのチョコレートです。

f:id:worldwidebear:20181222025420j:image

中身はただ普通のリンツのミルクチョコだとわかっていても、可愛すぎて衝動買いしそうになります。

ちなみにイースターの時期は、リンツから出るうさぎ型のミルクチョコも可愛いです。

 

 

 

11月度出費

まずはアプリが集計してくれた以下の通りになります。

(£表記の選択がないので$マークになっていますが、単位はポンドです。)

f:id:worldwidebear:20181222012127j:imagef:id:worldwidebear:20181222012133j:image

日本語であたらめて説明しますと、

【11月の予算】£680(約10万円)

【11月の出費合計】£672.84(約94,714円)

 

なんと今月は初めて予算が£7.16(約1,000円)余りました!

 

内訳 

出費が多かった順にリストアップしてみますと以下の通りです。

f:id:worldwidebear:20181222035144p:plain

 

11月で一番お金がかかったのは10月と同じく交通費でした。

大学まで1時間半もかけて電車&ロンドンチューブで行っているので、往復で一日3時間も通学に使っています。電車賃は往復券だと£12.55です。

 

ロンドンに住んでいたとした場合の予想家賃£600ぐらいを毎月彼ママとの同居のおかげで節約できているのですが、やっぱり通学時間を片道30分だけでも短縮できれば、1日1時間も勉強や自分の時間に回せるので、来学期は期末テストまでの数ヶ月間だけでも少し学校の近く引っ越そうかなと悩んでいます。

 

今よりも毎月の出費がグンと高くなりそうですが。。

 

2番目に多くお金がかかった「食品・外食」はまぁこんなもんだろうと思います。

私の感覚だと、ロンドン中心のレストランで食事をした場合は1品なら£8〜£15ぐらいで、スターターや飲み物をつけたら£18〜£35ぐらいです。

 

普段大学でランチを食べる場合は、学校のカフェで売ってるパニーニとか、チキンラップ、サンドイッチなどを食べているので、大学内ということもあって大体£4〜£6ぐらいと結構安く済ませられます。

 

4番目に多くお金がかかった「家具雑貨」ですが、ミニヒーターとドライヤーを買ったので結構かかってしまいました。

ドライヤーはパナソニックのナノイー付きのやつにしたので、ちょっと高めでした。

 

 

 

11月の目標の達成状況

 ・無駄遣いしないように

 →達成できたかどうかを判断するのちょっと難しいけど、渡英してから初めて予算の10万円を超えなかったということで、達成できたことにします(*^^*)

 

おやつにかける費用を半分ぐらいに減らしたい

→ 10月におやつにかかったのは£33.17ですが、11月はなんと・・・£32.59でした!

というわけでおやつ代を半分に減らすのは夢のまた夢でした(笑)

 

来月の目標

12月は、17日から来年1月6日まで大学の授業がないので、家に引きこもる日が多い分、出費も抑えられそうなので、どれぐらい予算が浮くか楽しみです。

とはいえ、意外とお出かけする予定もあるので、クリスマスの時期は「一年頑張った自分へのご褒美」と言って衝動買いする危険性もあります。

なので、出費を予算内に抑えるのを目標にします。

 

そして、冬休み中は1学期中に学んだ内容を復習したい。特によく聞き取れなかったところとかを授業のビデオを見返して、分からなかったところを無くしたい。

さらに来学期はPythonを使う授業があるので、Pythonの練習も学校が始まる前にしておきたい。

 

ブログもずっと書きたい内容が溜まりに溜まっているので、5記事ブログを書くのも目標にします。

 

果たして達成できるかどうかは、12月の留学生活報告の記事にてお知らせします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

www.worldwidebear.net

www.worldwidebear.net